バイデン氏、プーチン氏に「権力を握らせておけない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポーランドで演説するバイデン大統領=26日、ポーランド首都ワルシャワ

ポーランドで演説するバイデン大統領=26日、ポーランド首都ワルシャワ

(CNN) バイデン米大統領は26日、ポーランドの首都ワルシャワでの演説で、ロシアのプーチン大統領について「まったくもって、この男に権力を握らせておくわけにはいかない」と宣言した。

バイデン氏は同日、ロシアのウクライナ侵攻に対して結束強化を図った欧州訪問の最後に、ワルシャワ王宮で演説した。

米ホワイトハウスはこの発言について、ロシア国内でのプーチン氏の権力や政権交代に言及したわけではなく、近隣諸国や周辺地域への権力行使を認めないという意味だと説明した。事前に用意された原稿にはない言い回しだったという。

米当局者らはこれまで、プーチン氏の排除を目指してはいないと明言してきた。ブリンケン国務長官は今月、「政権交代の話ではない。ロシアをだれに統治してほしいのか、決めるのはロシア国民だ」と述べていた。

ロシアのペスコフ大統領報道官はバイデン氏の発言に対し、同氏が決めることではないと反発。「選ぶのはロシア国民だ」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]