昏睡2カ月から生還、新型コロナのワクチン接種を呼び掛け 米女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CNNのインタビューに答えるアンドレア・アリアガボーヘスさん/CNN via Cisco Webex

CNNのインタビューに答えるアンドレア・アリアガボーヘスさん/CNN via Cisco Webex

(CNN) 米カリフォルニア州に住む女性が昨年、新型コロナウイルスワクチンを打っていない状態で感染し、2カ月間も昏睡(こんすい)状態に陥った。回復した今、人々にワクチン接種を強く呼び掛けている。

アンドレア・アリアガボーヘスさん(48)は同州キャメロンパークに住む5児の母。昨年5月に新型コロナの検査で陽性反応を示し、数日後に救急搬送された。

本人がCNNとのインタビューで語ったところによると、家族らは当初、生存率5%前後と告げられた。そこから生還して、退院したのは8月29日だった。

昏睡状態は65日、入院は計4カ月半に及んだ。歩くことができず、筋力が低下し、体重は16キロ近く減った。車いすで退院し、歩行訓練から始めてようやく回復した。

栄養チューブをつながれて話のできない状態が何カ月も続いた影響で、今も声がかすれている。

アリアガボーヘスさんはもともと、ワクチン反対派だったと話す。自分には基礎疾患や喫煙歴、心臓や肺の問題がなく、新型コロナにかかっても「4~5日で元気になる」と思っていた。

「ところが実際は違った」と、アリアガボーヘスさんは振り返る。「だれにも私のような思いしてほしくない」と話し、「どんな人にも選択肢が与えられるべきだとは思う」としたうえで、「あなた自身とほかの人々を守るために」ワクチンを打ち、追加接種を受けるよう呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]