行方不明から45年超 米アラバマ州の川で大学生の車発見 車内からは骨も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
45年以上前に行方不明になった当時大学生のカイル・クリンクスケールズさん/Troup County Sheriff's Office

45年以上前に行方不明になった当時大学生のカイル・クリンクスケールズさん/Troup County Sheriff's Office

(CNN) 米アラバマ州の川で、45年超にわたって行方不明となっていたジョージア州の大学生の車と財布、身分証明書の他、人間のものとみられる骨が発見され、当局による長年の捜査が一大画期点を迎えている。

発見の翌日である8日、ジョージア州トループ郡のジェームズ・ウッドラフ保安官が記者会見で、大学生だった当時22歳のカイル・クリンクスケールズさんの姿が最後に目撃されたのは、1976年1月27日夜、大学へ戻るためにジョージア州ラグレーンジにある実家を車で出発した際だったと説明。

だがアラバマ州にあるオーバーン大学にクリンクスケールズさんがたどり着くことはなく、本人の姿のみならず、乗っていたフォード社製のピントが目撃されることもなかった。おそらく、これまでのところは――

ウッドラフ保安官は会見で、「45年間、我々はカイルと彼の車を捜してきた。数百件の手がかりを追ってきたが、そのどれからも実質的な展開が得られることはなかった」と説明。クリンクスケールズさんの発見を期して、複数の湖を排水し、膨大な数の捜索を実施してきたという。

アラバマ州チェンバース郡保安官事務所によると今月7日、小川の中に自動車のようなものが見えるとの通報があり、現場に駆け付けた当局者らが、部分的に水に漬かった車体を発見した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]