コロナ治療目的のイベルメクチン使用に米CDCが警告、服用で重症例も

コロナ治療目的での家畜用医薬品の服用、米当局が警告

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は寄生虫の駆虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として使用しないように注意を呼びかけた。26日にイベルメクチンの処方が急増していることを医師や国民に注意喚起する健康上の勧告を出した。

毒物対策センターへの電話相談では、イベルメクチンによる重症者の報告が増えているという。

イベルメクチンは人や家畜の寄生虫の駆除薬として使われる医薬品。FOXニュースなど保守系メディアは何カ月も前から、新型コロナウイルス感染症の治療薬としてイベルメクチンが使用できる可能性があると伝えていた。ツイッターでも話題になり、米議会公聴会では「奇跡の薬」と呼ばれ、ロン・ジョンソン上院議員は同感染症の治療にイベルメクチンを使うメリットを説いていた。

CDCによると、普段のイベルメクチンの処方数は週に3600回程度にとどまる。ところが今年1月8日の週は10倍以上の3万9000回に増加。7月に入ると外来患者のイベルメクチン処方が再び急増し、8月13日までの1週間で8万8000回を超えた。これはパンデミック前の24倍に上る。

医薬品の価格調査会社GoodRxもイベルメクチンの処方が同様に急増していることを把握している。同社のデータによれば8月は19年の平均の20倍に達した。

米食品医薬品局(FDA)は新型コロナウイルス感染症の治療にイベルメクチンを使用しないように国民に注意喚起している。21日には「あなたは馬ではありません。あなたは牛ではありません。皆さん、まじめな話です。やめてください」とツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]