運転中の父親が銃撃受け死亡、8歳と6歳児は車操り無事 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
父親が撃たれた後、息子が車を運転して駐車場にたどり着く出来事があった/KTRK

父親が撃たれた後、息子が車を運転して駐車場にたどり着く出来事があった/KTRK

(CNN) 米テキサス州ヒューストン市の警察は22日までに、市内の州間道で車を運転中の父親が銃で撃たれた後、車内に残された8歳と6歳の息子2人が車を操り、安全な場所にたどり着く事件があったと報告した。

現地時間の20日午後11時前に起きた事件で、息子2人はスポーツ用多目的車(SUV)を運転して州間道から外れ、小規模なショッピングセンターの駐車場に乗り入れていた。

この後、息子の1人が車外に出て、助けを求めたという。地元警察によると、29歳の父親は現場で死亡が確認された。子ども2人にけがはなかった。

警察は銃撃犯を追うと共に、発砲の経緯や犯行の動機を調べている。また、白色の乗用車の行方を調べているとも述べた。

父親を標的にした銃撃なのか道路上のもめ事が原因なのかなどは不明ともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]