米国の出生数4%減、新型コロナで減少に拍車 米CDC統計

米国の昨年の出生数は前年比で4%減少した/Shutterstock

米国の昨年の出生数は前年比で4%減少した/Shutterstock

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)の最新統計によると、米国の昨年の出生数は前年比で4%減少した。大部分は新型コロナウイルス流行の影響だったと思われる。

CDCによると、前年と比べた減少幅は1973年以来で最も大きかった。

CDCの国立衛生統計センターによると、出生数は以前から年に約2%の減少が続いていたが、2020年はその減少幅を大きく上回った。

CDCが暫定値をもとにまとめた統計によると、20年の出生数は360万となり、19年の約375万、18年の380万に比べて減っている。

20年上半期の出生数は2%減だったが、下半期にかけて減少が大きくなり、7月は4%、8月は7%、9月は4%、10月と11月は6%、12月は8%、それぞれ減少した。

「新型コロナウイルスのパンデミックが、それまでも続いていた米国の出生数の減少と相まって『パーフェクトストーム』となり、赤ちゃん誕生数の減少に拍車をかけた」。非営利団体の専門家ラウル・グプタ氏はそう指摘し、「20年に起きたことは恐らく、少なくとも21年に再び起きるだろう」と予想する。

20年下半期の減少幅が特に大きかったのは、ニューメキシコ、ニューヨーク、カリフォルニア、ハワイ、ウエストバージニアの各州。一方、アイダホ、メーン、ニューハンプシャー、ノースダコタ、ロードアイランド、バーモント、ワイオミングの7州ではそれほど大きな落ち込みは見られなかった。

人種別にみると、19~20年にかけての出生数は、白人女性に比べて非白人女性の方が落ち込みが大きかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]