ダムの縁ぎりぎり、ぐらつくボートから4人救出 米テキサス州

ダムの縁ぎりぎり、ぐらつくボートから救出 米

(CNN) 米テキサス州オースティンでこのほど、ダム湖の縁から流れ落ちる寸前でぐらついていたボートから4人が救出される出来事があった。

4人は10日、通報を受け駆け付けたオースティン警察などにより無事救助された。ただし当局は、警官がこれほど早く現場に到着していなかったら、はるかに悪い状況になった可能性もあると指摘している。

オースティン警察は11日の記者会見で、「ダムから落ちれば非常に悲惨な事態になっていただろう」と説明。高さのあるダムのため、落ちた場合、命は助かっても重傷を負っていた可能性が高いとの見方を示した。

警察によると、市外から来た4人は10日午後、電動ボートでレディバード湖を散策していた際に、ダムの余水路に近づきすぎてしまった。

4人は他のことに気を取られ、方向転換を促すブイを通り過ぎたことに気付かなかったという。

その後、ボートは余水路の上で引っかかり、そこから移動するだけの動力は出せなかった。4人はボートサービスを手掛ける企業に電話。この企業がボートをロープで固定し、これ以上動くのを防ぐことに成功した。

警官はこの時すでに湖に到着しており、ボートの場所にたどり着くと安全な場所まで引っ張った。

救助された4人は冷静で、けがはなかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]