米南部でRSウイルスの感染拡大、この時期としては異例 CDCが注意喚起

米国南部でRSウイルスの感染が拡大しているとしてCDCが注意喚起を行った/Shutterstock

米国南部でRSウイルスの感染が拡大しているとしてCDCが注意喚起を行った/Shutterstock

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は10日、呼吸器疾患を引き起こすRSウイルスの感染が南部の州で拡大しているとして、医師や医療機関に警戒を呼びかけた。

RSウイルスは肺炎を引き起こすこともあり、特に乳幼児は危険が大きい。

CDCは、急性呼吸器疾患の症状があり、新型コロナウイルス検査で陰性と判定された患者には、RSウイルスの検査を行うよう促している。医療従事者や保育所、長期療養施設の職員などは、たとえ新型コロナ検査で陰性だったとしても、症状がある場合は出勤を避ける必要があるとした。

RSウイルスは飛沫(ひまつ)や物の表面などを介して感染する。米国の1歳未満の子どもの気管支炎や肺炎の原因は同ウイルスが最も多く、慢性疾患をもつ高齢者が感染すれば重症化する恐れがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]