米サンノゼの車両基地で銃撃、8人死亡 容疑者も死亡

米サンノゼの車両基地で銃撃

(CNN) 米カリフォルニア州サンノゼにある公共交通機関の車両基地で26日午前、銃撃事件が発生し、サンタクラ郡保安官事務所によると、少なくとも8人が死亡、複数人が負傷した。容疑者も死亡したという。

容疑者はサンタクララバレー交通局(VTA)の従業員の男。事情に詳しい捜査当局の情報筋はCNNに対し、男の身元はサム・カシディー容疑者と特定されたと明らかにした。

保安官代理によると、警官隊が容疑者と撃ち合いになる場面はなかった。捜査員らは、容疑者は自殺したとみている。

サンタクララバレー交通局(VTA)の車両基地に出動する法執行当局/KGO
サンタクララバレー交通局(VTA)の車両基地に出動する法執行当局/KGO

負傷者のうち少なくとも1人が重体。容疑者の動機については捜査中だという。

警察は交通機関の建物内に爆発装置があるとの情報も受け取り、現在、爆発物処理班が調査を進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]