UPSの運転手がパレード、コロナ克服の同僚を誕生日に祝福 米

新型コロナを克服したトレスさんの誕生日を祝う同僚の車列が通る/KOSA

新型コロナを克服したトレスさんの誕生日を祝う同僚の車列が通る/KOSA

(CNN) 米テキサス州で先週、新型コロナウイルス感染症との闘いから生還した運送ドライバーの誕生日を祝って、同僚らがパレードを繰り広げた。

貨物大手UPSの運転手、ウィリアム・トレスさんは新型ウイルスに感染し、州内の病院に64日間入院。一時は集中治療室(ICU)に収容された。

退院後も療養を続けるトレスさんは、友人らに囲まれてUPSのトラックやバイク、華やかに飾り付けた乗用車による祝賀パレードを見物した。

トレスさんが同僚らの前に姿を見せたのは約3カ月ぶり。入院中の面会は1人に限られ、妻が毎日通っていたが、「たくさんの人たちに会えるのは格別」と笑顔を見せた。

UPS従業員の1人がCNN提携局に語ったところによると、トレスさんが重症と聞いて、同僚らは心配していた。

本人も一時は死を覚悟したという。息が苦しく、だれかに口をふさがれているようだったと振り返る。

トレスさんは「感染して軽く済む人も多いが、私のような重症になったら命を落としかねない」と語り、「みんなマスクを着けて。こんなことで死にたくないだろう」と呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]