インドの感染、昨年以降で最多 専用病院の火災で10人死亡

インド西部ムンバイにある新型コロナ治療用の病院で火災が発生し、10人が死亡した/Divyakant Solanki/EPA-EFE/Shutterstock

インド西部ムンバイにある新型コロナ治療用の病院で火災が発生し、10人が死亡した/Divyakant Solanki/EPA-EFE/Shutterstock

(CNN) 新型コロナウイルスの深刻な感染拡大が進んでいるインドの保健省は26日、同日に5万9118人の新規感染者が見つかったと報告した。昨年10月18日以降では最多の水準で、その増加幅は3日連続の記録更新ともなった。

CNNが同省のデータを調べてわかった。インドではここ1週間余、3万5000人以上の新規感染者が連日判明。今年1、2両月から目立ち始めた新たな感染激増が長引いている。

専門家は「第2波の始まり」とも形容している。保健省によると、これまでの累計感染者数は1180万人以上で、死者は16万人を超えている。

ワクチン接種は開始されており5500万回分以上を配布したとしている。

一方、インド西部ムンバイ市の警察は26日、市内のショッピングセンター1階で同日未明に出火、内部にある新型コロナ治療用の病院に延焼し、患者少なくとも10人が死亡したと発表した。

入院していた患者は76人で、同市のキショリ・ペドネカル市長は患者は別の施設に搬送されたと述べた。出火原因を調べている。

インド保健省によると、ムンバイ市での感染者数は同国の地域では3番目の規模に達している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]