行方不明の10代少女、7年後に遺体発見 米

10代の少女の遺体発見、7年間の捜索後

(CNN) 行方不明となっていた米バージニア州の17歳の少女が、7年にわたる捜索の後、遺体で発見された。ネルソン郡の保安官事務所が19日までに明らかにした。

アレクシス・ティアラ・マーフィーさんは2013年8月、同州シップマンの自宅からリンチバーグへ出かけてから消息を絶った。ラビングストンにあるガソリンスタンドの監視カメラの映像が、生存を確認できる最後の記録となっていた。

同保安官事務所によると、失踪を受けて当局が数多くの捜索を実施していた。

マーフィーさんの遺体は昨年12月3日、ラビングストンの私有地で見つかり、身元確認のためリッチモンドの検視局へ搬送された。遺体は今月5日にマーフィーさんのものと確定したが、遺族への配慮などから地域に向けての発表は延期されていた。

CNN提携局のWRCによると、上記の監視カメラにはマーフィーさんとともに48歳の男も映っていた。男はマーフィーさん殺害で有罪となり、2回分の終身刑を言い渡された。判決を不服として上訴したものの棄却されている。

ネルソン郡保安官事務所は、包括的な捜査を経て訴追に成功し、マーフィーさんの遺体も回収されたとして、本件が解決に至ったとの見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]