米国防総省高官、新型コロナ検査で陽性 リトアニア国防相と会談後

国防総省のアンソニー・タタ氏が新型コロナの陽性と判定された/NCDOT

国防総省のアンソニー・タタ氏が新型コロナの陽性と判定された/NCDOT

(CNN) 米国防総省高官のアンソニー・タタ元陸軍准将が、リトアニアの国防相と会談後、新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。国防総省が発表した。

発表によると、タタ氏は13日にリトアニアのライムンダス・カロブリス国防相と会談した。その後、カロブリス国防相が陽性と判定され、リトアニア大使館を通じて19日、米国防総省に連絡が入った。

タタ氏は2回の検査でいずれも陽性反応が出たため、米疾病対策センター(CDC)の勧告に従って14日間の自宅隔離に入る。

カロブリス国防相は、米国防総省のクリス・ミラー長官代行や陸・海・空軍のトップを含む複数の高官とも会談していた。国防総省報道官は、全員が会談後に検査を受けたとしているが、検査結果は明らかにしていない。

国防総省では文民トップが相次いで離職する中で、タタ氏は先週、政策担当幹部に任命されたばかりだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]