米大統領の息子も新型コロナ陽性、夫人が自身の感染体験を寄稿

トランプ氏の息子も新型コロナ陽性、夫人が寄稿

(CNN) 米国のトランプ大統領の妻、メラニアさんがホワイトハウスの公式サイトに寄稿したエッセーの中で、新型コロナウイルスに感染した自身の体験を語るとともに、息子のバロン君(14)も陽性と診断されていたことを明らかにした。

ホワイトハウスは当初、バロン君は陰性だったと説明していたが、その後陽性判定が出たことを確認した。この判定についてホワイトハウスは公表していなかった。

主治医によると、メラニアさんもトランプ大統領も、現在は陰性と判定されているという。

「私はすぐに息子のことを考えた」とメラニアさんは振り返っている。バロン君は、両親の感染が確認された後に受けた検査では陰性だったが、再度の検査で陽性反応が出た。メラニアさんによると、バロン君に症状はなく、今は陰性になっているという。

トランプ大統領は14日、記者団から息子のバロン君の様子について質問され、元気でやっていると返答した。

メラニアさんはエッセーの中で自身の症状について、「最小限ではあったけれど、一度に私を襲った。それからの数日間はまるで症状のジェットコースターだった」と打ち明け、体の痛みやせき、頭痛、極度の倦怠(けんたい)感に襲われたと振り返った。

広報によれば、トランプ大統領と違ってメラニアさんは入院せず、ホワイトハウスの公邸で隔離生活を送っていた。

本人によると、医薬品の投与は受けず、「ビタミン剤や健康食」で対応していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]