米、台湾にF16戦闘機66機を売却へ 中国との緊張高まる中

台湾が米国から購入する予定のF16V戦闘機/Airman 1st Class Adrian Salazar/USAF

台湾が米国から購入する予定のF16V戦闘機/Airman 1st Class Adrian Salazar/USAF

香港(CNN) 台湾が米国製のF16戦闘機66機を調達することが18日までに確実となった。自国の不可分の領土だとする圧力が中国からかかる中、台湾にとっては過去数年間で最大規模の兵器調達となる。

今回の戦闘機の売却は米国防総省が14日、 ウェブサイト上で発表した。米国による武器売却の一環として、F16の製造を手掛けるロッキード・マーチン社に90機発注したという。

売却先は明らかになっていないが、国務省の関係者は1年前にトランプ政権が承認した台湾からの注文が契約に盛り込まれていることを確認した。

台湾が購入する66機以外の24機は、モロッコにわたるとみられる。最終的な納入は2026年までに行われる予定。

当該のF16は「F16V」または「バイパー」の呼称で知られる機体で、米軍が1970年代後半に初めて採用したF16の最新型。台湾軍はすでに約140機のF16を所有している。

台湾への新たなF16の売却は昨年、米議会での超党派による強力な支持を受けて承認されていた。約2400万人の人口を抱え民主主義を標榜(ひょうぼう)する台湾をめぐり、米中両政府の間では緊張が高まっている。

先週は中国からの強い反発が予想される中、アザー米厚生長官が台湾を訪問。指導部と会談を行った。アザー氏は1979年の台湾との断交以来、訪台する米閣僚として最高位に位置する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]