トランプ米大統領、WHOへの拠出を停止 新型コロナ対応で批判

米国のトランプ大統領は新型コロナの対応について調査する間、WHOへの資金拠出を停止すると発表した/Alex Wong/Getty Images North America/Getty Images

米国のトランプ大統領は新型コロナの対応について調査する間、WHOへの資金拠出を停止すると発表した/Alex Wong/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米国のトランプ大統領は14日、新型コロナウイルスをめぐる世界保健機関(WHO)の対応について調査する間、WHOへの資金拠出を停止すると発表した。「新型コロナウイルスの拡散に関する重大な不手際と隠蔽(いんぺい)」について、WHOの役割を調査するとしている。

WHOへの拠出金は米国が年間4億~5億ドル、中国はおよそ4000万ドルだとトランプ大統領は指摘。「WHOが医療専門家を中国に派遣して現地の状況を客観的に評価し、中国の透明性の欠如を指摘するという仕事をやっていれば、流行を発生源で封じ込めることができ、死者は非常に少なくて済んだかもしれない」と語った。

さらに、もしWHOが適切に行動していれば、もっと早く中国からの渡航禁止に踏み切ることができたかもしれないと主張。WHOが中国からの渡航制限に反対したのは、危険かつ大きな代償を伴う判断だったと批判した。

ただ、トランプ大統領は中国からの渡航を禁止するわずか数日前まで中国の対応を評価しており、1月24日には「中国は新型コロナウイルスの封じ込めにとても力を入れている」とツイートしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]