NYで初の感染者確認、米国内の死者2人に 新型コロナウイルス

米ニューヨークの路上をマスクを着けて歩く人/John Nacion/Star Max/AP

米ニューヨークの路上をマスクを着けて歩く人/John Nacion/Star Max/AP

(CNN) 米ニューヨーク州で1日、初の新型コロナウイルス感染者が確認された。米国内では29日、新型ウイルス感染による2人目の死者が出たことも分かった。

ニューヨーク州のクオモ知事によると、同州で確認された患者は渡航先のイランで感染したとみられる30代後半の女性。ニューヨーク市中心部マンハッタンの病院で受診し、29日に検査の承認が下りて陽性の結果が確認された。呼吸器症状がみられるものの重症ではなく、現在は自宅で隔離状態に置かれているという。

クオモ氏は「予想されていたことだ」「当初から言っていたように当州で感染者が出るのは時間の問題だった」と語り、一般市民のリスクは低いままだと強調。「過度の不安」を抱く必要はないと呼び掛けた。

ロードアイランド州でも1日午前、州内初の感染者とみられる症例が発表された。患者は40代で、2月中旬にイタリアを含む欧州へ渡航していた。

新型ウイルス感染による死者は、中国の衛生当局が1日夜の時点で報告した2912人のほかにイラン54人、イタリア34人、韓国20人、日本12人など、世界で計3000人を超えている。

米国内では2人目の死者として、1人目と同じワシントン州で新たに70代男性の死亡が確認された。男性には持病があり、同州カークランドの病院に入院していたが29日に死亡したという。

カークランド市内の介護施設では、40代の職員と70代女性の感染が確認され、職員や入居者50人以上が症状を訴えて検査を受ける予定。施設に出入りした消防士や看護学校生らもウイルスに接触した恐れがあるとされ、当局が調査を進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]