シカ猟の男性、仕留めたと思ったシカに襲われ死亡 米アーカンソー州

シカ猟をしていた男性が絶命したと思ったシカに近づき、襲われて死亡した/Shutterstock

シカ猟をしていた男性が絶命したと思ったシカに近づき、襲われて死亡した/Shutterstock

(CNN) 米アーカンソー州でシカ猟をしていた男性が、自分の撃ったシカに襲われて重傷を負い、病院に搬送される間に死亡した。

警察によると、死亡したのは同州エールビルの男性(66)で、23日夜、森の中に倒れているのが見つかった。身体にはシカの角で刺された傷痕が何カ所もあった。

アーカンソー州狩猟漁業委員会によれば、一緒にシカの解体処理を行う予定だったおいに発見された時には、まだ男性は意識があって話すこともでき、妻に電話することもできた。しかし救急隊が病院へ運ぶ間に呼吸が停止した。

角で刺された傷が致命傷になったのかどうかは確認できておらず、死因は心臓発作などの疾患だった可能性もあるが、解剖は予定されていない。

狩猟漁業委員会の担当者によると、ハンターが傷ついたシカに襲われてけがをすることは珍しくないという。仕留めたと思ったシカが、気絶したり負傷していただけということもあり、大抵はハンターが近付くと跳ね起きて逃げるが、その過程でハンターに傷を負わせることがある。

この担当者は、気絶したシカに近付いたハンターが死亡した事案に遭遇したのは初めてだと話している。

シカ猟では一般的に、仕留めてから15~30分待って、死んだことを確認してから近付くことが推奨されている。

死亡した男性はエールビルに20年以上も住み、狩猟経験が豊富だったことから、不手際があったとは思えず、予想外の事故だったのではないかと当局者は推定している。

けがをしたシカは見つかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]