米果樹園、リンゴ3トン超の盗難被害 収穫目前で

米ミシガン州の果樹園でリンゴ3トン超が盗まれた/WXYZ

米ミシガン州の果樹園でリンゴ3トン超が盗まれた/WXYZ

(CNN) 米ミシガン州の警察は20日までに、同州フリント市近くにある果樹園「スパイサー・オーチャーズ」で多種の銘柄のリンゴ3トン以上がほぼ根こそぎもぎとられる盗難事件が起きたと報告した。

盗まれたのは「ジョナゴールド」「フジ」などの銘柄で、育てていた大半のリンゴが持ち去られたという。被害額は1万5000〜2万5000ドル(約162万〜約270万円)相当。

盗難は今月10日、従業員が収穫するため現場を訪れた際に見つけた。この数日前には果樹園側がもぎとる頃合いを探るため調べたばかりだったという。

同果樹園は秋の行楽地として人気があり、訪れた家族らがジュースやドーナツ用などとしてリンゴを摘んでいるという。

被害があったのはスパイサー・オーチャーズの第2果樹園で、ジュース用や市場向けのリンゴを栽培。同園関係者によると、今回強奪されたリンゴの量をもぎ取るには通常、2〜3人の人員で数日間要する。短時間で大量のリンゴが盗まれており実行犯には相応の技術があるとみている。

犯人は脇道をたどった後、隣家の敷地内を横切って同園に侵入したとみられる。同州ジェネシー郡の保安官事務所によると、これまで突き止めた唯一の証拠は複数のタイヤ痕となっている。周辺の隣家を調べているが目撃者はまだ見つかっていないという。実行犯は多人数とも推測している。

同果樹園は創業50年だが、今回のような被害は初めてとしている。監視カメラも一切なかった。

米国内での農作物の窃盗は最近目立っており、インディアナ州の農場では先月、5万個のリンゴが盗まれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]