米政権、壁建設に国防予算の使用可能に 最高裁が差し止め命令破棄

壁の試作品を見学するトランプ大統領=2018年3月13日、カリフォルニア州サンディエゴ/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

壁の試作品を見学するトランプ大統領=2018年3月13日、カリフォルニア州サンディエゴ/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

(CNN) 米連邦最高裁は26日、トランプ政権が南西部国境の壁建設費に国防総省の予算25億ドル(2700億円)を使用することの違憲性を争う裁判で、訴訟終結まで予算使用の一時差し止めを認めた下級審の決定を覆し、使用を認める判断を下した。政権は国家の安全を守るために国境の壁が必要だと主張している。

最高裁は短い決定文の中で、政権側が原告に訴訟を提起する法律上の権利がないことを十分に示したと述べた。9人の判事は5対4に分かれ、保守派判事が政権を支持、リベラル派判事が反対した。

リベラル派判事のうち3人は現時点で国防費の使用を認めないとの意見で、もう1人は業者との契約締結のための使用は認めるが、実際の建設への使用は禁じるとの見解だった。

トランプ氏は26日夕、ツイッターで今回の判断を歓迎。「最高裁が下級審の差し止め命令を覆し、南部国境の壁建設の進行を認めた」「国境警備と法の支配の大きな勝利だ」と述べた。

法律専門家のジョシュア・マッツ氏は、今回の決定はトランプ氏の大きな勝利だと指摘する一方、トランプ政権が連邦法に従っているかを判断したものではないと言及。多数意見はトランプ政権の決定に対する原告適格のみに注目したと述べた。

今月初めには第9巡回区控訴裁判所が予算使用の差し止めを認める地裁の決定を支持。予算使用について「行政府は議会から予算の割り当てなく資金を使うことを禁じる憲法上の要求に違反しており」、原告側が勝訴する可能性が高いとの判断を示していた。

原告の代理人を務める米市民自由連合は最高裁の決定を批判。「これで終わりではない。連邦控訴裁に対して進行中の審理を早めるように要求し、トランプ政権の壁建設で不可逆的な、差し迫った損害が発生するのを止める」と述べた。

トランプ氏は2月、議会が壁建設費としてトランプ氏の要求をはるかに下回る14億ドルを計上したことを受け、国家非常事態を宣言。他の政府予算を壁建設費に充てる方針を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]