10年行方不明のスーパー店員、業務用冷蔵庫の裏から遺体で見つかる 米

10年行方不明のスーパー店員の遺体、冷蔵庫の裏から発見

(CNN) 米アイオワ州のスーパーマーケットでこのほど、10年前に行方不明となった元従業員の遺体が業務用冷蔵庫の裏から発見された。

遺体は棚や冷蔵庫を移動する作業の最中に見つかった。DNA鑑定の結果、2009年11月28日に行方不明届けが出されていた男性であることが判明した。

警察幹部によると、衣服も失踪時と同じものを身に着けている。

行方不明届けは男性の両親が出していたと同幹部は述べた。当時男性は気が動転した状態で家を飛び出したという。両親は警察に対し、男性が見境のない行動をとっていたとしたうえで、服用していた薬物が原因の可能性があると説明していた。

警察は男性の家族や他の法執行機関、近隣の拘置所、さらには米移民・税関捜査局(ICE)にも連絡を取った。男性は過去に中米ホンジュラスに送還され、その後米国に戻ってきていた。こうした捜索にもかかわらず、男性の居所に関する情報は全く得られていなかった。

遺体の発見を受けて警察は、男性が勤務先のスーパーマーケットへ行き、業務用冷蔵庫の上にのぼったとみている。冷蔵庫の上のスペースは商品の保管に使用されていたが、従業員も時おりそこへ隠れて、こっそり休憩をとることがあったという。

冷蔵庫の上にのぼった男性は、冷蔵庫と壁の間にできた約46センチの隙間に落ち込み、抜け出せなくなったとみられる。冷蔵庫が発する作動音のため、助けを呼ぶ声も届かなかったのではないかと前出の警察幹部は述べている。

検視の結果、遺体に外傷は見つからなかった。現時点で男性の死亡は事故によるものとみなされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]