米富豪のロス・ペロー氏が死去、89歳 大統領選に2度出馬

1992年には大統領選に出馬した/PAUL J .RICHARDS/AFP/Getty Images

1992年には大統領選に出馬した/PAUL J .RICHARDS/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) 米国の富豪で、独立系候補として大統領選にも出馬した経験を持つロス・ペロー氏が9日、亡くなった。89歳だった。遺族の広報担当が明らかにした。

広報担当によれば、ペロー氏は5カ月間にわたり白血病を患っていた。

ペロー氏は創業したIT企業の株式をゼネラル・モーターズ(GM)に売却するなどして富を築いた。

1992年の大統領選には無所属で出馬して約19%の票を集め、民主党候補のビル・クリントン氏と共和党候補のジョージ・H・W・ブッシュ氏に次ぐ3番手につけた。独立系候補としては米史上最も成功したひとりとなった。

95年には新党「改革党」を結成して96年の大統領選に臨んだが得票率は約8%にとどまった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]