気候変動の報道に抗議のデモ、逮捕者66人 NYTビル前

気候変動への報道姿勢を巡り、市民団体がニューヨーク・タイムズ紙に対しデモを行った/Jacob Silverman/Twitter

気候変動への報道姿勢を巡り、市民団体がニューヨーク・タイムズ紙に対しデモを行った/Jacob Silverman/Twitter

(CNN) 米ニューヨーク・マンハッタンにあるニューヨーク・タイムズ紙の本社ビル前で、気候変動問題の報道に不満を表明するデモがあり、66人が逮捕されたことが分かった。

気候変動問題に取り組む市民団体「エクスティンクション・レベリオン」が22日にデモを実施し、ニューヨーク市警(NYPD)が23日、逮捕者数を正式に発表した。66人は全員、公共の秩序を乱した疑い。

同団体の報道担当者はCNNとのインタビューで、報道機関による気候変動問題の扱いに注意を促すことが目的だったと述べた。

同担当者は、ニューヨーク・タイムズは報道を主導できる立場にあると指摘し、同紙の報道内容を評価する一方、理想的な扱い方ではないと訴えた。そのうえで「第2次世界大戦のように扱うのが望ましい」「当時は連日、戦争の見出しが躍っていた」と話した。

また各報道機関に対し、「もっと正直に分かりやすく」伝えてほしいとも呼び掛けた。

ニューヨーク・タイムズの報道担当者はCNNへの声明で、同団体による言論の自由は尊重するが、気候変動問題の報道に同紙ほど時間や人員をかけている全国メディアはほかにないと主張。昨年1年間に気候問題やその影響を報じた記事を800本近く掲載したと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]