ビバリーヒルズ市、たばこ販売をほぼ全面的に禁止へ 米都市で初

ビバリーヒルズ市で、たばこ製品がほぼ全面的に禁止される/Spencer Platt/Getty Images

ビバリーヒルズ市で、たばこ製品がほぼ全面的に禁止される/Spencer Platt/Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州ビバリーヒルズの市議会は6日までに、ほぼ全てのたばこ製品の販売を市内で禁止する条例を全会一致で可決した。2021年1月1日から発効の見通し。

たばこ販売店などの業界団体によると、米国の都市がこの種の包括的な規制を打ち出したのは初めて。一方で同団体は、喫煙者は近隣の市に出掛けて購入するだろうとして、条例は大きな効果をもたらさないと反論している。

禁止対象には紙巻き、葉巻、電子たばこ、噛みたばこや水ギセルなどを含む。ただ、葉巻専用の喫煙ラウンジやたばこ製品を宿泊客に売るホテルは対象外となっている。

市議会の声明によると、施行前には住民の意見を尋ね、市の保健衛生当局からの勧告も受ける。

同市内でたばこ製品の販売許可を持つ店などは28軒。売り上げが減るなどとして反発する声も出ている。条例には経営面で深刻な苦境に直面した小売業者は除外するとの特例措置も盛り込まれた。

たばこ販売店などの業界団体は市内のコンビニ店におけるたばこ販売は店全体の売上高の約3分の1を占めているとして、条例により閉店に追い込まれるだろうとも指摘した。

市議会は公衆衛生の利益はビジネス上の損失より大事と主張。ただ、今後3年内に観光客への影響を調べるともした。

ビバリーヒルズでは喫煙場所を制限するなど厳しい規制を既に導入済みで、米国肺協会(ALA)は同市のたばこ規制に最良級の評価を付与している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]