大学生が転落死、絶景スポットの自撮りで足滑らす 米オレゴン州

Michelle Casey/Facebook

Michelle Casey/Facebook

(CNN) 米オレゴン州ティラムック郡の保安官事務所は23日までに、海岸沿いの絶景スポットで写真を撮っていた女子大生が30メートルほど下に転落し、搬送先の病院で死亡したと明らかにした。

亡くなったのはオレゴン州立大に通うミシェル・ケイシーさん(21)。19日にニーカーニー山で自撮りをしていたところ、足を滑らせて転落し、重傷を負った。

交際相手の男性は保安官代理に対し、木の上に落ちたことで海への落下は免れたと説明したという。

海岸からロープ救助の要請があったことを受け、保安官事務所は専門チームを派遣した。

救助隊員が地元テレビに語ったところによると、救助作業は難航し、ロープでケイシーさんの場所まで到達するのに2時間を要した。ケイシーさんはポートランドの病院に空路搬送されたものの、落下時のけがが原因で死亡したという。

遺族はCNN提携局KOINに声明を寄せ、ケイシーさんが臓器提供により2人の命を救ったことを明らかにし、「ミシェルは持ち前の陽気な性格と優しい心でいつも周囲のまとめ役になっていた」と悼んだ。

ケイシーさんはコーバリスのキャンパスに通う3年生で、大学関係者によると、専攻は運動学だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]