シナゴーグ銃撃で1人死亡、3人負傷 憎悪犯罪か カリフォルニア

サンディエゴ郊外の街パウウェイにあるシナゴーグで銃撃事件が発生/Chabad of Poway

サンディエゴ郊外の街パウウェイにあるシナゴーグで銃撃事件が発生/Chabad of Poway

(CNN) 米カリフォルニア州サンディエゴ郊外の街パウウェイにあるシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で27日、銃撃事件があり、少なくとも1人が死亡、3人が負傷した。同市の市長によると、19歳の男が拘束された。

捜査当局によると、事件が起きたのは午前11時23分ごろ。この日はユダヤ教の例祭「過ぎ越しの祭り」の最終日で、現場のシナゴーグでは午前11時から礼拝が執り行われていた。容疑者は突撃銃のような武器を持って侵入し、発砲したとされる。

市内にある病院には事件後に4人の患者が搬送され、このうち女性1人が死亡した。残る3人は男性2人と少女1人で、命に別条はなく、容体は安定しているという。

パウウェイの市長は、容疑者が侵入した時の発言を理由に「憎悪犯罪」との見方を示した。トランプ米大統領も同日、ホワイトハウス前で記者団に「憎悪犯罪のようだ」と語り、遺族らに弔意を表した。

市長はCNNとのインタビューで、信者らが容疑者を制止し、悲劇の拡大を防いだと述べた。

サンディエゴ警察の責任者によると、容疑者は現場から逃走した後、緊急通報の電話で事件への関与を認め、自分の居場所を告げた。警官が出動すると、抵抗せずに投降したという。

警察と連邦捜査局(FBI)が取り調べを進めている。ソーシャルメディアへの書き込みのほか、容疑者が過去に書いた「公開書簡」の内容や事件との関連も調べているという。

パウウェイはサンディエゴから北へ約30キロ離れた人口約4万8000人の市。比較的裕福な住民が多く、治安の良い街とされていた。サンディエゴ警察の責任者は地域への脅威を否定したうえで、念のため宗教施設の警備を強化すると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]