手錠、目隠しのパレスチナ少年をイスラエル兵士が銃撃

後ろ手に手錠をかけられ、目隠しをされた状態でイスラエル兵士から逃げようとする少年/Courtesy Mohammad Hmeid

後ろ手に手錠をかけられ、目隠しをされた状態でイスラエル兵士から逃げようとする少年/Courtesy Mohammad Hmeid

(CNN) パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のベツレヘム郊外で先週、イスラエル軍兵士がパレスチナ人の少年に発砲した場面の画像や映像が波紋を呼んでいる。少年は手錠をかけられ、目隠しをされたまま逃げようとして、兵士に両脚を撃たれた。

目撃者らによると、銃撃があったのはベツレヘム南郊のパレスチナの村に向かう道路。村では18日、交通事故で死亡した学校教師の葬儀があり、多数のパレスチナ人が参列していた。

葬儀の後、路上でパレスチナ人とイスラエル軍の部隊が衝突した。イスラエル軍によると、兵士らや通行中の車に多数の石が投げ付けられたため、部隊が鎮圧を図り、暴れていた集団のメンバー1人を拘束した。このメンバーが2度にわたって逃げ出そうとしたため、兵士らが発砲したという。

イスラエル軍によれば、この周辺では最近、イスラエル人や車に石を投げ付けたり、タイヤに放火したりする行為が相次いでいた。村の近くにはユダヤ人入植地がある。

一方、少年の父親は「息子は何もしていないのに拘束された。石を投げていないことは確かだ」と主張する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]