メキシコ軍兵士、銃向けて米兵2人を聴取 国境線の米領内

米政府は南部国境線に約3000人の兵士を送って国土安全保障省の業務遂行の支援を行っている/Department of Defense

米政府は南部国境線に約3000人の兵士を送って国土安全保障省の業務遂行の支援を行っている/Department of Defense

(CNN) メキシコからの不法移民対策が強化されている南部国境線の米領内で今月13日午後、監視活動中の米軍兵士2人が遭遇したメキシコ軍兵士に銃を突き付けられ、事情聴取を受けていたことが20日までにわかった。

米国防総省当局者2人がCNNに明らかにした。

メキシコ軍兵士は5~6人で米軍兵士の携行武器も取り除き、2人が使っていた所属組織などの印がない米税関・国境警備局の車の中へ移したという。メキシコ軍兵士は自動小銃とみられる武器で武装していた。

当局者は、米軍兵士が武器を渡したのは、事態が悪化するのを防ぐための配慮からと指摘。スペイン語がいくらか話せる兵士の1人がメキシコ軍兵士に事情を説明。この後、双方は将来的な衝突回避を約束し合ったという。メキシコ側は現場を立ち去っていた。

米税関・国境警備局や米国防総省の問い合わせに対し、メキシコ軍兵士は米軍兵士が国境線の南側にいたと認識していたと説明した。

米北方軍司令部がCNNに寄せた声明によると、米兵2人はテキサス州クリント付近の南西部国境線の近くで任務を遂行していた。同省当局者は、2人が居た場所はリオ・グランデ川の北部で、国境フェンスの南側とした。実際の国境線からは北側にある米領土内で活動していたという。

現場付近の同川は灌木(かんぼく)の茂みがあって川床が干上がっており、居場所が国境線のどちら側なのか非常に混乱しやすい場所だという。

メキシコ国境線ではトランプ米大統領の命令により、約3000人の現役兵士が治安維持に当たっている。この他、州兵約2000人も同様に配置されている。国防総省は兵士の追加派遣も予定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]