米司法省、ボーイングの刑事捜査で召喚状発行

ワシントン州レントンの飛行場に並ぶボーイング737MAX型機。左は737MAX9の試験機/Stephen Brashear/Getty Images North America/Getty Images

ワシントン州レントンの飛行場に並ぶボーイング737MAX型機。左は737MAX9の試験機/Stephen Brashear/Getty Images North America/Getty Images

ニューヨーク(CNN) 米連邦航空局(FAA)がボーイング737MAX型機を認証した経緯に関する捜査の一環として、米司法省が複数の召喚状を発行した。関係者がこのほどCNNに明らかにした。

刑事事件としての捜査は、インドネシアのライオン・エアーが運航する737MAX型機が昨年10月に墜落事故を起こした後に開始され、まだ初期段階にあるという。

チャオ運輸長官は19日、MAX型機の認証について調査するよう同庁の監察官に指示していた。

捜査当局はボーイングに対し、安全性や認証手続きに関する情報の提供を求めているという。この中には操縦士の訓練マニュアルや同機の宣伝に関する情報などが含まれる。

刑法のどの条項が適用される可能性があるのかは現時点で不明だが、関係者によると、捜査当局はボーイングが同機を安全と認定した過程や、安全認定についてFAAに提出した情報について調べている。

捜査は米連邦捜査局(FBI)のシアトル支部と、司法省の犯罪捜査部門が主導している。

ボーイングは、法的問題に関する質問には返答もコメントもしない方針だとしている。

737MAX型機は5カ月足らずの間に2度の墜落事故を起こし、一時的に運航が停止されている。FAAは、この2つの事故の類似性が、データによって示されたと指摘していた。

FAAは20日、ライオン・エアー機の墜落で発覚したMAX型機の問題に対応するためのソフトウエア更新プログラムと、操縦士の訓練プログラムをボーイングが開発したと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]