トランプ大統領の非常事態宣言阻止へ、16州が提訴

トランプ大統領の非常事態宣言をめぐり米16州が訴訟を起こした/Alex Wong/Getty Images North America/Getty Images

トランプ大統領の非常事態宣言をめぐり米16州が訴訟を起こした/Alex Wong/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米国のトランプ大統領が国境の壁建設を巡って非常事態を宣言したことに対し、カリフォルニアなど16州が18日、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に訴えを起こした。

カリフォルニア州のザビエル・ベセラ州司法長官は同日、CNNの取材に対し、「大統領による憲法違反、三権分立違反、議会が割り当てた国民と州の予算の盗用阻止を試みる」と語った。

訴訟はカリフォルニア州を筆頭に、コロラド、コネティカット、デラウェア、ハワイ、イリノイ、メーン、メリーランド、ミシガン、ミネソタ、ネバダ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、オレゴン、バージニアの各州が加わっている。

トランプ大統領の国家非常事態宣言に対しては、既に人権団体や市民団体などが相次いで提訴に踏み切っている。いずれもトランプ大統領が議会を通さずに壁建設費を確保する目的で出した非常事態が争点となっている。

ベセラ司法長官は、「各州にさまざまな目的のために割り当てられてきた予算を大統領が実質的に盗み、もはや割り当てられなくなるのであれば、我々と我々の住民が損害を被る」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]