女が銃を乱射、6人死傷 勤務先に恨みか 米メリーランド州

女が銃乱射、勤務先に恨みか

(CNN) 米メリーランド州にあるドラッグストアの配送センターで20日、従業員の女が銃を乱射し、3人が死亡、3人が負傷した。女は自分の頭を銃で撃ち、搬送先の病院で死亡した。

捜査関係者によると、女はこの事業所に勤務していた26歳の従業員で、勤務先に対して恨みを持っていたという。この日は定刻通りに出勤していた。

事件は同州ハーフォード郡にある米ドラッグストア大手ライト・エイドの配送センターで午前9時過ぎに発生。女は建物の前と、倉庫階で銃を乱射した。

警察が動機について調べているが、捜査関係者によれば、女は事件現場となった施設の警備員だったこともあるという。

女が使ったのはグロック製の9ミリ拳銃で、複数の弾倉も所持していた。拳銃は本人が合法的に入手したものだった。

負傷者が搬送された病院によると、2人は重傷を負っている。

配送センターでは約1000人の従業員が勤務していた。

現場は倉庫や工場が立ち並び、普段は静かな一画だという。事件発生を受けて緊急車両や救急車、ヘリコプターなどが出動。当局は現場に近付かないよう、住民に呼びかけている。

米国では銃を使った事件が後を絶たない。前日の19日にもウィスコンシン州とペンシルベニア州で銃撃事件が相次ぎ、いずれも警官が容疑者を射殺していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]