シナゴーグの壁に落書き、ナチスのかぎ十字など 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米インディアナ州にあるシナゴーグでナチスのかぎ十字などの落書きが見つかった/Lindsay Shipps/Temple's media representative

米インディアナ州にあるシナゴーグでナチスのかぎ十字などの落書きが見つかった/Lindsay Shipps/Temple's media representative

(CNN) 米インディアナ州のシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で28日朝、第2次世界大戦中にユダヤ人を迫害したナチスのシンボル、かぎ十字などが落書きされているのが見つかった。

現場は州都インディアナポリスの北郊カーメルにあるシナゴーグの敷地内。ごみ捨て場を囲むれんがの壁の中央にかぎ十字、両側にドイツの伝統的な紋章である鉄十字2つが描かれていた。

このシナゴーグがこれまでに嫌がらせを受けたことはなく、脅迫電話などもかかっていなかったという。

土曜朝の礼拝は通常通りに行われた。

シナゴーグは警察の捜査に協力するとともに、メンバーや近隣のユダヤ教団体などに連絡し、注意を呼び掛けている。

カーメルの市長は「わが市にこのような憎悪が存在する余地はない。さまざまな文化上、宗教上の背景を持つ市民が互いに尊重し合い、受け入れ合っている」と強調した。

「米国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]