トランプ米大統領、EUを「敵」と名指し 中ロと並び言及

トランプ米大統領は、競争相手という観点からEUを「敵」と認識していると述べた/CBS News

トランプ米大統領は、競争相手という観点からEUを「敵」と認識していると述べた/CBS News

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は15日放送の米CBSテレビのインタビューで、ロシアと中国と並び欧州連合(EU)を「敵」と名指しした。インタビューは英スコットランドにあるトランプ氏のゴルフクラブで行われた。

トランプ氏はこの中で、「我々には多くの敵がいると考えている」と発言。そのうえで「EUは敵だと思う」とし、対米貿易の現状に言及した。

トランプ氏はさらに「ロシアはある面では敵であり、中国も経済的にみて確かに敵だ」と続けた。ただ、これらの国が「悪い」わけではなく、「競争相手」という意味だとしている。

EUを敵として最初に挙げた理由を問われると、「貿易面で我々につけ込んでいる」と主張。EU構成国の多くは北大西洋条約機構(NATO)に加盟していながら、費用を負担してこなかったとも指摘した。

トランプ氏は先週、ベルギー・ブリュッセルでのNATO首脳会議に出席した後、英国を訪問した。16日にはフィンランドのヘルシンキで、ロシアのプーチン大統領と一対一の会談に臨む。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]