「アルベルト」豪雨で土砂崩れ続発 米ノースカロライナ州

亜熱帯低気圧「アルベルト」の影響で各地に被害が出ている

亜熱帯低気圧「アルベルト」の影響で各地に被害が出ている

(CNN) 亜熱帯低気圧「アルベルト」による豪雨に見舞われた米南東部ノースカロライナ州の山間部で土砂崩れが相次ぎ、国立気象局(NWS)が住民に警戒を呼び掛けている。

NWSは、土砂崩れなどの脅威が30日夜まで続くとして、住民らに車の運転を控えるよう警告を出した。同州西部のマクドウェル郡には、局地的な洪水に対する緊急警報が発令された。

同郡の緊急対策当局によると、29日深夜に起きた土砂崩れでは、幹線道路が約10キロにわたって通行不能になった。

郡内の数カ所で被災した住民の救助活動も実施されているが、今のところ死傷者の報告はないという。

アルベルトは28日、亜熱帯暴風雨から低気圧に変わったが、アラバマ、テネシー、ジョージア、ケンタッキー各州の一部には引き続き洪水注意報が出ている。

アルベルトは今後、30日から31日にかけて中西部の五大湖周辺に進むと予想されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]