17番目の亀裂から溶岩噴出、新たな避難命令も ハワイ噴火

2018.05.14 Mon posted at 09:38 JST

[PR]

(CNN) 米ハワイ州ハワイ島で続くキラウエア火山の噴火で13日に新たな亀裂ができ、蒸気や溶岩が噴出した。これに伴い、付近の住民に対して新たな避難命令が出された。

キラウエア火山が3日に噴火して以来、地面に亀裂ができて溶岩が流れ出したのはこれで17カ所目。今回の亀裂は道路上にでき、幅数百メートルに及んでいる。

住宅地などで次々に生じた亀裂からは溶岩と有毒ガスが噴き出し、住宅や車両をのみこんでいる。これまでに2000人近い住民が避難した。

米地質調査所(USGS)によると、キラウエア火山山頂の火口では爆発的噴火が起きる恐れもある。ハワイ火山観測所は、そうした噴火が起きれば、火口からおよそ20キロの範囲が噴煙に覆われるかもしれないと予想している。

トランプ大統領は11日、ハワイに大規模災害宣言を出し、州や地元自治体の対応を連邦政府が支援することを承認した。州当局によると、住民を守るための対策にかかるコストは今後1カ月で290万ドル(約3億円)を超す見通し。

メールマガジン

[PR]