米司法省、元CIA職員をスパイ罪などで起訴 中国と共謀か

元CIA職員がスパイ罪などで起訴された

元CIA職員がスパイ罪などで起訴された

ワシントン(CNN) 米司法省は8日、米国の国防にかかわる機密情報を隠し持っていた疑いで今年1月に逮捕された中央情報局(CIA)の元職員、ジェリー・チャン・シン・リー容疑者(53)を機密情報の不法所持とスパイ共謀の罪で起訴したと明らかにした。

同省によれば、リー被告は米市民権を持ち、かつてCIAに工作担当要員として勤務していた。退職後、香港に住んでいた2010~11年に中国の情報当局者2人から持ち掛けられた取引に応じ、金と引き換えに機密情報を渡していたという。

中国当局はこの情報を基に、米国に雇われていた現地の中国人工作員を特定し、十数人を殺害または収監したとされる。米紙ニューヨーク・タイムズは、CIAのスパイ活動がこれによって異例の打撃を受けたと報じた。

リー被告は12年に家族とともにいったん帰国した。この時に滞在したホテルを連邦当局が捜索したところ、CIA職員や覆面工作員、秘密施設の情報を手書きしたメモと、機密情報の入ったUSBメモリーを許可なく持っていたことが分かった。

被告はバージニア州に滞在した後、香港に戻ったが、今年1月にまた帰国。入国と同時に機密所持の容疑で逮捕されていた。この時点で中国とのスパイ共謀容疑には問われていなかったが、バージニア州の連邦大陪審は両方の罪状で起訴する判断を下した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]