米仏大統領植樹の苗木が消えた?、謎解明 理由は「検疫」

ホワイトハウスで植樹に臨むトランプ氏(左端)やマクロン氏(右端)

ホワイトハウスで植樹に臨むトランプ氏(左端)やマクロン氏(右端)

(CNN) 米国のトランプ大統領とフランスのマクロン大統領が数日前にホワイトハウスの庭に植樹したはずの苗木が、いつの間にか消えていた――。

そんな謎を巡って一時的に臆測が飛び交ったが、理由は「検疫」だったことが分かった。

うわさの発端は、ロイター通信のカメラマンがとらえた写真だった。ホワイトハウスで植樹が行われた場所の芝生が黄色くなっていて、苗木は見当たらなかった。

これについてジェラール・アロー駐米フランス大使は4月29日、苗木が姿を消したのは一時的な措置にすぎないと説明。「(苗木は)米国へ輸出される全有機体に対して義務付けられた措置に従って隔離されている。後日、再び植え直される」とツイートした。

アロー大使によると、苗木の根本はプラスチックで囲んで保護され、「慎重に隔離されている」という。

マクロン大統領の訪米関連行事を取りまとめたメラニア・トランプ大統領夫人の報道官は30日、CNNの取材に対し、苗木の隔離は以前から計画されていたと強調した。

ロイター通信によると、苗木は寄生虫の検査を受けている。もし寄生虫がいた場合、 放置すれば周辺の樹木に拡散する恐れがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]