感謝祭翌週に「寄付の日」を、米発のギビング・チューズデー

救世軍の毎年のイベントに向けて感謝祭のディナーを準備するボランティア=ワシントン

救世軍の毎年のイベントに向けて感謝祭のディナーを準備するボランティア=ワシントン

(CNN) 米感謝祭の翌週の火曜日を「ギビング・チューズデー(与える火曜日)」と名付け、慈善団体などへの寄付を呼び掛ける動きが、数年前から米国を中心に広まっている。

感謝祭は11月の第4木曜日で、翌日の「ブラック・フライデー」と翌週月曜日の「サイバー・マンデー」はショッピングの日として知られる。

ギビング・チューズデーは2012年、ニューヨークのユダヤ系文化施設「ナインティセカンドストリートY」と国連基金が提唱した。「人に与えること」がテーマとされるクリスマス・シーズンの幕開けとも位置付けられている。

一部の慈善団体などは当初、運動の普及に懐疑的な見方を示していたとされる。しかし公式ホームページによると、15年には世界98カ国に広まり、募金額は総額1億7700万ドル(現在のレートで約197億円)に上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]