キング牧師に関する機密文書、ケネディ暗殺ファイルから見つかる 米

キング牧師に関する機密文書を発見

(CNN) トランプ米政権が3日に新たに公開したジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺に関する文書676点の中に、米公民権運動指導者マーチン・ルーサー・キング牧師を非常に否定的に描いた連邦捜査局(FBI)の秘密分析が含まれていたことがわかった。

キング牧師に関する20ページの文書では、同氏をさまざまな共産主義者の影響と結び付けようと試みているほか、同氏が率いていた公民権団体「南部キリスト教指導者会議」での資金不正も指摘。またキング牧師の不倫や他の性的に不適切な振る舞いなど、同氏の個人生活についての臆測や主張も記されている。

同文書の筆者らがこうした情報の裏付けを取っていたのかどうかは不明。

FBIの分析はまた、1964年のノーベル平和賞がキング牧師に授与されるべきだったのかについても疑問を呈している。

文書は1968年3月12日付で、FBIがエドガー・フーバー元長官に率いられていた時期に作成されたもの。フーバー氏は捜査員にキング牧師の動向を監視させていた。フーバー氏は1960年代に、キング牧師に対する広範な監視プログラムを承認。これはFBIによる国内防諜(ぼうちょう)プログラムの一環で、後日に激しい批判の対象となり、多くの改革につながった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]