北朝鮮に「大規模な軍事対応」、米国防長官が警告

北に「大規模な軍事対応」、米国防長官

(CNN) 北朝鮮の核実験を受け、米ホワイトハウスでは3日、トランプ大統領とペンス副大統領、マティス国防長官らが緊急会合を開いた。マティス氏は会合後、北朝鮮が米国や同盟国に脅威を及ぼした場合は「大規模な軍事対応」を取ると警告した。

マティス氏がホワイトハウス前で語ったところによると、トランプ氏は会合で、北朝鮮に対する「多数の軍事的選択肢」について説明を求めた。

マティス氏は同盟国との結束を改めて強調し、北朝鮮がグアムを含む米領土や同盟国を脅かせば「有効で圧倒的」な軍事対応に直面することになると明言した。

そのうえで北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、核開発の中止を求める国連安全保障理事会の立場に留意するよう呼び掛けた。「我々は北朝鮮という国家を完全に壊滅させようとは思っていないが、そうするための選択肢は多数ある」とも警告した。

トランプ氏はこれに先立ち、北朝鮮と取引のある国との貿易を停止する措置を検討していると述べた。北朝鮮の最大の貿易相手国である中国を念頭に置いた発言とみられる。

トランプ氏は同日午前のツイートで、北朝鮮が米国にとって「敵対的で危険」な言動を繰り返していると非難した。また「韓国は私が言った通り、北朝鮮との融和的な対話に効果はないことに気付き始めている」との見方を示した。

ホワイトハウスによると、トランプ氏は2日と3日に安倍首相と電話で会談し、米国と同盟国の防衛に全力を上げる姿勢を確認した。

安倍首相は3日の声明で、北朝鮮の脅威が「新たな段階」に入ったとの認識を示し、核実験は「断じて容認できない」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]