「副作用で女性のような乳房に」 被害者が集団提訴へ 米

薬の副作用で女性のような乳房になったとして集団訴訟の準備が進められている

薬の副作用で女性のような乳房になったとして集団訴訟の準備が進められている

(CNN) 精神の不安や緊張を和らげる医薬品「リスペリドン」の副作用で胸が女性のように大きくなったという米国の男性数千人が、製造販売元のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こす準備を進めている。

原告の1人、エディー・バイブルさん(26)は13歳の時から副作用に苦しんできた。医師はうつや双極性障害の症状を抑えるためにリスペリドンを処方。ところが服用を始めてから1年半後、胸部の組織が肥大化して女性のような乳房になる副作用が出たという。 この当時、リスペリドンにそうした副作用があるという情報は開示されていなかった。「そんな副作用があると知っていれば服用はしなかった」とバイブルさんは言う。

胸が目に見えて大きくなると、友人との外出を避けて自室に引きこもるようになった。学校に行くため仕方なく外出すると、周囲にじろじろ見られたりからかわれたりしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]