リポーターがアジア人蔑視? 米街頭インタビューに批判殺到

ロサンゼルス(CNNMoney) 米フォックスニュースのリポーターがチャイナタウンで行った街頭インタビューに対し、アジア人をひとくくりにする内容で、偏見に満ちているとして批判の声が強まっている。本人は5日、この問題についてツイッターにコメントを投稿した。

問題になっているのは3日夜に放送された番組で、リポーターのジェシー・ウォターズ氏がニューヨーク市のチャイナタウンに出かけて大統領選について街の人たちにインタビューした場面。

大統領選と米中関係をテーマに政治について意見を聴くインタビューのはずだったが、ウォターズ氏は街で出会った人たちに「あいさつする時はお辞儀をすべき?」と尋ねたり、露天商が盗品の時計を売っていると発言したり、「空手を知っている?」と尋ねたりしていた。ちなみに空手は沖縄を発祥とする。

ウォターズ氏のこうした発言についてニューヨーク・タイムズ紙のファルハド・マンジョー記者は「私が見た中でも特にあからさまな人種差別」と酷評した。

「ウォターズ氏がやったのは、考えられる限り最も愚かなアジア人に対する偏見で、出会った人たちを笑いものにすることだった。彼らは明らかに、意見を聴く相手ではなく、ウォターズ氏が自分と視聴者にとっての愉快な冗談と思ったことのための小道具にされた」。ニュースサイト「ヴォックス」のリビー・ネルソン氏はそう指摘する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]