テロのリスク高めるけど善良――労働者階級の白人有権者から見たイスラム移民とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教的な価値観が攻撃されているとの訴えに耳を傾ける人々

キリスト教的な価値観が攻撃されているとの訴えに耳を傾ける人々

キリスト教的価値観が米国で「攻撃を受けている」との見方も強い。労働者階級の白人の6割以上は、米国ではキリスト教的価値観が攻撃にさらされていると答えた。

こうした見方は若年層よりも高齢層に幅広く浸透している。労働者階級の中でも65歳以上の層では、73%がキリスト教的価値観が攻撃にさらされていると回答。一方、30歳未満の層で同様の回答をしたのは41%にとどまった。

トランプ氏への投票を考えている白人労働者階級の人々のうち、キリスト教的価値観が攻撃されていると答えたのは81%。一方、クリントン氏の支持者でこうした見方を示したのは31%だった。

CNNとKFFの共同調査は8月9日から9月5日にかけて、成人1614人を対象に電話で実施された。このうち701人が自分は労働者階級の白人だと答えた。こうした成人は非ヒスパニックの白人でかつ4年制大学の学位を持っていないか、25歳未満の場合には学校に通っていない。統計上の誤差はサンプル全体でプラスマイナス3%。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]