共和党クルーズ氏、副大統領候補にフィオリーナ氏を指名

そろって壇上に上がるクルーズ氏(右)とフィオリーナ氏

そろって壇上に上がるクルーズ氏(右)とフィオリーナ氏

(CNN) 米大統領選で共和党の指名獲得を目指すテッド・クルーズ上院議員は27日、副大統領候補に米ヒューレット・パッカード(HP)元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナ氏を正式指名した。

26日に行われた東部5州の予備選は不動産王ドナルド・トランプ氏が圧勝。実質的に指名争いから脱落したクルーズ氏は、副大統領候補の指名という異例の動きで巻き返しを狙う。

クルーズ氏はインディアナ州インディアナポリスで開いた集会で、「もし私が大統領候補に指名されれば、副大統領候補のカーリー・フィオリーナ氏と共に出馬する」と表明した。

続いてフィオリーナ氏が壇上に登場し、「これは我が党の精神と我が国の未来をかけた戦いだ」「私は生涯を通じて厳しい戦いに臨んできた。厳しい戦いを不安に思う気持ちはみじんもない」と力説した。陣営が入れ替えた演壇には両氏の名が並んだ。

フィオリーナ氏は当初、共和党の指名争いに名乗りを上げていたが、後に撤退して3月にクルーズ氏支持を表明していた。副大統領候補となることをクルーズ氏との間で最終的に確認したのは26日だったという。

次の予備選は5月3日にインディアナ州で行われる。クルーズ氏が望みをつなぐためには同州で巻き返し、トランプ氏が指名獲得に必要な代議員1237人を獲得する事態を阻止する必要がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]