米首都で「政治とカネ」に抗議の座り込み、400人超逮捕

米首都で「政治とカネ」に抗議の座り込み

(CNN) 米首都ワシントンの連邦議会議事堂前で11日、「政治とカネ」の問題に抗議する団体が座り込み運動を展開して400人以上が逮捕された。同団体はこの日から1週間の予定で抗議運動を計画していた。

米議会警察は同日、違法なデモを行ったとして400人以上を妨害や迷惑行為などの疑いで逮捕したと発表した。

政治に対するカネの影響力に抗議するキャンペーン「民主主義の春(Democracy Spring)」は2日にフィラデルフィアで始まり、参加者はワシントンへ向けて約240キロをデモ行進。「腐敗した選挙資金集め制度や不当な投票制度」への関心を高める狙いで、1週間にわたって抗議運動やイベントを計画していた。

デモを主催した団体の一つ、PCCCの創設者のアダム・グリーン容疑者も逮捕された。同容疑者は声明の中で、「重要な民主主義を巡る問題に論議を集中させるため、暴力を伴わない不服従運動に参加する。今こそ政治家に行動を起こさせなければならない」と訴えていた。

キャンペーンサイトでも、これまでに数百人が逮捕されたことを確認。今週行う抗議運動には33州から3500人以上が参加を表明していると伝えた。

同団体は、「カネが政治に与える影響」を抑えるための法案通過を促す活動なども行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]