米特殊部隊員、ビンラディン容疑者の遺体写真をひそかに保管

オサマ・ビンラディン容疑者の息子が米国により国際テロリストの指定を受けた

オサマ・ビンラディン容疑者の息子が米国により国際テロリストの指定を受けた

ワシントン(CNN) 国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦に参加した米海軍の特殊部隊員が、同容疑者の遺体写真を最近まで隠し持っていたことが分かった。米ニュースサイト「ジ・インターセプト」が19日に伝えた。

同サイトによると、遺体が写った写真を保管していたのはマシュー・ビソネット隊員。機密資料を不法に所持していた罪に問われる可能性があったが、検察側との司法取引により、写真データの入ったハードディスク(コンピューターの外部記憶装置)を捜査当局に提出。これと引き換えに起訴は見送られたという。

CNNは海軍当局に事実確認を求めたが、回答は得られていない。

ビソネット隊員の弁護士は記事の内容について尋ねたCNNに対して詳しいコメントを避けた。ただこれに先立ち、この件に関する当局の捜査は昨年8月に完了したと述べていた。

連邦当局は2011年にビンラディン容疑者の殺害作戦を実施したが、テロリストらを刺激する恐れがあるとして、遺体の写真は公開しない方針を貫いてきた。

ビソネット隊員は特殊部隊の一員として作戦に参加。現場で撃った銃弾がビンラディン容疑者に命中した可能性もある。12年には「マーク・オーウェン」というペンネームを使い、作戦の経緯を詳しく書いた異例の回想録「No Easy Day(邦題・アメリカ最強の特殊戦闘部隊が『国家の敵』を倒すまで)」を出して話題を呼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]