自作時計で逮捕の少年家族、当局に18億円と謝罪を要求

自作の時計を爆弾と間違われて警察に逮捕されたモハメド君=Mohamed Family

自作の時計を爆弾と間違われて警察に逮捕されたモハメド君=Mohamed Family

(CNN) 米南部テキサス州アービングで自作の時計を学校へ持参したところ、爆弾と間違えられて逮捕されたイスラム教徒の少年、アーメッド・モハメド君(14)の家族が、市当局と学校に対して1500万ドル(約18億円)の支払いと謝罪を求めている。

一家の弁護士によると、家族はモハメド君が心に深い傷を負い、国際社会での名誉を将来にわたって損なわれたと話している。

事件はソーシャルメディア上で大きく拡散され、オバマ大統領がホワイトハウスのイベントに招待したり、カタールの財団が奨学金の提供を申し出たりするなど、少年への多くの支援の声が寄せられていた。だが、家族は訴訟も辞さない構えだ。

同弁護士は市と学校区にそれぞれ書簡を送り、モハメド君の市民権が侵害されたと主張した。

同弁護士は、当局がモハメド君を逮捕する際に容疑者の権利を告知する手順を踏まなかったと指摘。さらに、関係者はメディアを通してミスの隠ぺいを図り、責任をモハメド君に押し付けようとしたと批判している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]