米映画館銃乱射 終身刑12回と禁錮3318年の判決

2015.08.27 Thu posted at 10:18 JST

[PR]

(CNN) 米コロラド州の裁判所は26日、同州オーロラの映画館で2012年に起きた銃乱射事件で殺人などの罪に問われたジェームズ・ホームズ被告(27)に対し、終身刑12回と禁錮3318年を言い渡した。

事件では12人が死亡し70人が負傷した。ホームズ被告には死者1人につき1回の終身刑が課せられたほか、負傷者に対する殺人未遂や爆発物所持に対して禁錮3318年が言い渡された。仮釈放は認められない。

カーロス・サマー判事は判決で、「被告を2度と自由社会に足を踏み入れさせないというのが裁判所の意図だ。最大限の量刑に値する事件があるとすれば、本件はまさにそうだ。被告はいかなる同情にも値しない」と述べた。

ジョージ・ブロークラー検事は、今回の量刑は米国史上4番目に長いとの見方を示した。

陪審は7月、殺人と殺人未遂、そして爆発物所持でホームズ被告に有罪の評決を下していた。だが死刑については陪審員の1人が反対したことから課すことができず、それに次ぐ最高刑である仮釈放なしの終身刑が言い渡された。

ホームズ被告の弁護団は、控訴しない意向を表明している。

メールマガジン

[PR]