米デルタ機が滑走路外れる、24人負傷 NY

米デルタ機が滑走路外れて停止、負傷者も 原因を探る

(CNN) 米ニューヨーク市のラガーディア空港で5日午前、雪の中で着陸したデルタ空港の国内便旅客機が滑走路を外れてフェンスを突き破り、水に突っ込む寸前で止まった。消防によると、この事故で24人が負傷した。

乗客などによると、デルタ航空1086便は雪や氷の問題でしばらくニューヨーク上空を旋回した後、午前11時ごろ同空港の滑走路に着陸した。しかし機体がスリップして20秒ほど進み、着陸地点から約1500メートルの地点で滑走路から左側にそれ、小さな盛り土に突き当たって止まった。

あと少し進んでいれば、冷たい水の中に突っ込むところだった。機内では祈ったり取り乱したり泣き出したりする乗客もいたという。

同機には乗客乗員132人が乗っており、ニューヨークとニュージャージー州の港湾当局によると、駆け付けた救急隊の助けで全員が無事に機外へ脱出し、バスに乗り換えてターミナルに到着した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]