アフガン駐留米軍 1万人弱に規模縮小、16年全面撤退へ

アフガン駐留米軍、16年末撤退へ

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は27日、アフガニスタンに来年以降約9800人の米軍部隊を駐留させ、2016年末には全面撤退するとの方針を発表した。

オバマ大統領はホワイトハウスでの演説で、「米史上最長の戦争を責任ある形で終わらせる」と表明した。アフガンでの軍事行動は2001年9月の米同時多発テロ直後に始まり、12年以上続いている。

アフガンには現在3万2000人規模の米軍部隊が駐留しているが、今年末には戦闘任務を終える。その後は駐留米兵の法的地位を定める安全保障協定の締結を条件に、9800人を残留させる。

残留部隊は北大西洋条約機構(NATO)軍の一部とともに国際テロ組織アルカイダの脅威に対応し、アフガン治安部隊を支援するなどの任務を担う。

さらにこの部隊を15年末までに半減させ、オバマ大統領の任期切れを間近に控えた16年末までには、「通常の」大使館警護要員とされる1000人前後を残して全面的に撤退するという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]